十条ケミカル株式会社

MENU

さがす

OEM
スクリーンインキ
パッドインキ

PAD-SAP

製品の特長

  • 蒸発乾燥型インキでは接着の不十分な材質に強力に接着します。
  • 耐候性等の物性に優れた強靭な硬化皮膜を形成します。
付属品
硬化剤100g 金属缶
溶剤1kg 缶/15kg 缶

使用条件

硬化剤JA-950
(無黄変、遅硬化型)
JA-960
(難黄変、速硬化型)
希釈溶剤ES溶剤
(速乾、標準、遅乾)
NT溶剤
SGA溶剤
インキ配合インキ100部に対し
硬化剤10部
(インキ+硬化剤)110部 に対して
溶剤10~30部
版の洗浄ビニール洗用溶剤
可使時間[1]6~10時間
(JA-950を添加した場合)
3~6時間
(JA-960を添加した場合)
完全硬化条件[2](JA-950添加時)100℃ 40~80分
120℃ 20~40分
150℃ 10~20分
完全硬化条件[2](JA-960添加時)80℃ 60~120分
100℃ 20~40分
120℃ 10~20分
  1. 可使時間を過ぎてもインキは流動性があり印刷が可能ですが、
    皮膜物性が低下しますので使用は避けて下さい。
  2. 完全硬化の目安は「耐アルコール性試験で摩擦回数が100回以上」です。
    常温から70℃程度までの低温域でも硬化します。

使用上の注意

  • このインキはOEM製品です。ご購入に際しては、ナビタスマシナリー株式会社様 にご相談下さい。
  • 密栓状態で保管してください。
    (硬化剤は湿気により硬化します。)
  • 開封した後はなるべく早く使い切るようにしてください。
  • PAD-SAPは二液反応型インキですので、硬化が不十分であると本来の性能を発揮できません。
  • JA-950は JA-960よりも、柔軟で強靱な接着性に優れた皮膜を形成します。
    硬化性と皮膜硬度の点では JA-960の方が優れていますが、物性面からはJA950の使用をお勧めいたします。
  • ガラスに印刷する場合には、PAD-SAPインキの代わりにより接着力の強い PAD-EPHインキ の使用をお勧めします。
    PAD-SAPインキを使用する場合でも、インキ100部に対して、硬化剤JA-980(加熱硬化専用品)を10部、更に添加剤JA-1000を1部加えて印刷すると、強力な接着力が得られます。
    なおJA-980を使用する場合の硬化条件は、160℃30分として下さい。
  • 処理PE、PPに印刷する場合には、濡れ指数値65mN/m以上を目安に表面処理を行って下さい。
    但し、基材の種類や成分によっては、これ以上の濡れ指数値が得られていても、十分な接着性が得られない場合があります。
    必ず事前に確認試験を行ってから、印刷を実施して下さい。

消防法及び有機溶剤中毒予防規則(有機則)による分類

品名該当品消防法危険物分類有機則分類
PAD-SAP-1 インキ下記以外
(含調色品)
第四類第二石油類第三種有機溶剤等
PAD-SAP-2 インキ速乾、標準、遅乾第四類第二石油類第二種有機溶剤等
ES溶剤速乾、標準、遅乾第四類第二石油類第二種有機溶剤等
NT溶剤速乾第四類第二石油類第二種有機溶剤等
標準、遅乾第四類第二石油類第三種有機溶剤等
SGA溶剤速乾、標準、遅乾第四類第二石油類第二種有機溶剤等
ビニール溶剤洗用第四類第二石油類第二種有機溶剤等
硬化剤JA-960第四類第一石油類第二種有機溶剤等
JA-950第四類第二石油類該当しない
JA-980第四類第一石油類第二種有機溶剤等
添加剤JA-1000第四類第三石油類該当しない

製品の用途・機能

一般印刷

インキタイプ

二液反応型

印刷方式・版式

パッド印刷

製品の特性

強靭な硬化皮膜
接着性

製品の耐性

耐薬品性
物理的耐性
耐候性
耐摩耗性

推奨被印刷物

材質
オレフィン系
処理ポリエチレン[PE]
処理ポリプロピレン[PP]
エンジニアリングプラスチック
ポリアミド[PA]
ナイロン
液晶ポリマー[LCP]
PPS
塗装面
塗装金属
塗装金属板
金属、ガラス、セラミック、ハードコート処理面
金属素地
メッキ面
ガラス
熱硬化性樹脂
エポキシ樹脂
フェノール樹脂

仕上り・質感・見た目の効果

仕上り
グロス

カラー・グレード

標準色(一般色)
00メジウム
【特製色】02黄
【特製色】03青黄
05金赤
07白
08赤
【特製色】16ピンク
17紅
25紫
28オレンジ
45濃藍
46藍
75グリーン
85群青
90黒
標準色(耐候色)
13青黄
14赤黄
EXO色
オレンジ

注意事項

  • ご使用に際しての安全上の注意事項に関しては、製品の安全データシート(SDS)をご参照下さい。
  • 当インフォメーションに記載されている内容は予告無しに変更・改訂する場合があります。
  • この特性データは、弊社の実施した評価結果に基づくもので、お客さまのご使用時の製品特性を保証するものではありません。
  • 使用の際は、実際に使用される装置及び被着材での評価結果に基づき、条件を十分ご検討の上、ご使用下さい。