十条ケミカル株式会社

MENU

つかう

  • 「耐候性一覧表」のご利用に際して

「耐候性一覧表」のご利用に際して

はじめに

この一覧表は、当社各シリーズインキの耐候性データをまとめたものです。

ご使用に際しては、次の各事項にご注意下さい。

耐候性評価基準

等級評価屋外暴露可能期間の目安
8級極めて優秀2年以上(2〜3年)
7級優秀2年以下(1〜2年)
6級良好1年以下(6ヶ月〜1年)
5級ほぼ良好6ヶ月以下(4〜6ヶ月)
4級普通4ヶ月以下(2〜4ヶ月)
3級不可2ヶ月以下(1〜2ヶ月)
2級劣る1ヶ月以下(2週間〜1ヶ月)
×印著しく劣る2週間以下(1〜2週間)
  • 耐候性は、印刷されたインキ膜厚と、印刷物が使用される条件により著しく異なります。
    記載の等級値は、印刷物を当社羽生技術センター(埼玉県羽生市)に於いて南面45度で屋外曝露した実験値であり、保証値ではありません。
  • 日照が強い地域や夏期においては、上表の目安よりも屋外暴露可能期間が短くなります。
  • 上表は各原色を一般的な方法で印刷した場合の性能であり、淡色の調色品や高メッシュ版で薄膜に印刷した場合は、これよりも耐候性が低下します。
    特にパステルカラー(淡彩色)の調色インキでは大幅に低下します。
    詳しくは技術資料「調色インキの耐候性について」をご参照下さい。
  • 表示欄に網をかけた色は、色相や光沢が標準とは異なっているか、又は色番号の付け方等が原則から外れています。
  • 蛍光色は全色共に耐候性は×印で、屋外曝露では約1〜2週間で褪色します。
  • 一般には“耐光性”は光だけの影響を評価し、耐候性は光に加えて雨風等の影響も考慮に入れた評価となります。
    この「耐候性一覧表」では、雨風等の影響も考慮に入れています。
    その為同じ顔料を使用した場合でも、インキシリーズが違うと耐候性が異なることがあります。
  • 3年以上の耐候性が要求される用途には、一般にはインキだけでは対応出来ません。
    オーバーコートクリアーの併用、ラミネート加工、透明材への裏刷り等の対策を講じて下さい。
  • 色名の(耐光)の表示は、同一色名を区別するための参考として記入したもので、製品ラベルなどでは使用していません。
    各色の実際の耐候性は、この表の等級によりご確認下さい。
  • 透明色インキの耐候性については、技術資料「透明色インキの耐候性について」をご参照下さい。
  • インキのご使用に際しては、使用方法については「テクニカルインフォメーション」を、又使用上の注意事項については「製品安全データシート(MSDS)」をご参照下さい。