十条ケミカル株式会社

スクリーンインキをつかう

スクリーン印刷は、様々な材質や形状のものに印刷され、用途や要求される性能も多岐にわたります。スクリーンインキもそれぞれの材質、形状、用途、性能に適した多種多様なものがあり、以下にそれぞれの技術的特徴や使い方、性能、トラブル時の対応などについてまとめました。私たちのこれまでの実績やノウハウが結実した技術情報の数々です。

  • インキの性質・性能

SPインキ耐候性色の促進耐候性試験結果

1.印刷条件

  • 印刷素材塩ビステッカー(リンテック製FP#5011)
  • 試験インキ713青黄、714黄、特製オレンジ、706金赤、738赤、特製紅 計6色
  • 添加剤硬化剤なし、硬化剤JA-950(10%)、硬化剤JA-960(10%) 計3通り
  • 刷版ポリエステル250メッシュ
  • 乾燥条件常温7日間

2.試験条件

試験機 :サンシャインウェザーメーター WEL-SUN-HCH型 (スガ試験機(株)製)

  1. ブラックパネル温度 ;黒色試料表面温度63℃
  2. 試験機槽内湿度 ;約60%
  3. 降水条件 ;60分毎に12分の降水
  4. 照射面 ;印刷面に照射
  5. 照射時間 ;200時間毎に2000時間まで

測定機 :分光光度計 COLOR EYE-7000 (マクベス社製)

  • 光源 ;D-65 キセノンフラッシュランプ

測定機 :デジタル変角光沢計 VGV-5D (スガ試験機(株)製)

  • 光源 ; ハロゲンランプ
  • 入射角及び受光角 ;60度

3.結果

4.考察

今回の促進耐候試験の結果、硬化剤の有無に関係なく褪色に関しては良好な結果が得られた。

  1. 706金赤は、600時間から800時間でチョーキングが発生。
  2. 特製オレンジと738赤は1000時間位からチョーキングが発生。
  3. 1000時間から1400時間位から全体的に光沢が低下している。

MENU