十条ケミカル株式会社

スクリーンインキをつかう

スクリーン印刷は、様々な材質や形状のものに印刷され、用途や要求される性能も多岐にわたります。スクリーンインキもそれぞれの材質、形状、用途、性能に適した多種多様なものがあり、以下にそれぞれの技術的特徴や使い方、性能、トラブル時の対応などについてまとめました。私たちのこれまでの実績やノウハウが結実した技術情報の数々です。

  • 一般インキ関係

FMインキの皮膜性能改善方法

はじめに

 FMインキが成形時に樹脂の熱により流れる問題の対策としては、硬化性を向上させる方法が効果があります。具体的には、(1)硬化促進剤JA-E111を添加する。(2)硬化温度を高く、硬化時間を長くする。の2つの方法があります。インキの硬化性を向上させるとインキ皮膜の耐久性が向上し、接着性、耐熱性、耐溶剤性等様々な性能が向上します。

 (1)硬化促進剤JA-E111を添加した場合と(2)硬化温度を高く、時間を長くした場合のインキ皮膜の耐溶剤性を比較したデータは以下通りです。耐溶剤性の向上を調べることは、耐熱性向上の目安となります。

(1) JA-E111の添加

 FM-3101白にFM硬化剤を15%添加し、これに硬化促進剤JA-E111を2%、4%添加して80℃で20分で硬化させると、耐溶剤性が下表のように向上します。この結果より、硬化促進剤JA-E111を2%添加で耐溶剤性が約2倍、4%添加では約3倍に向上することが分かります。尚、硬化促進剤JA-E111はインキと硬化剤の反応速度を速くしますので、ポットライフ(可使時間)が短くなります(下表参照)。

JA-E111
添加量
耐溶剤性 ポットライフ
(25℃)
キシレン MIBK
無添加 約30回摩耗で剥離 約5回摩耗で剥離 約24時間
2% 約50回摩耗で剥離 約12回摩耗で剥離 約16時間
4% 約80回摩耗で剥離 約18回摩耗で剥離 約8時間

(2) 硬化温度と時間

 FM-3101白にFM硬化剤を15%添加し、これに硬化促進剤JA-E111を2%添加したインキを70℃で硬化させた場合と80℃で硬化させた場合、耐溶剤性が下表のように変わります。この結果より硬化温度が高く、硬化時間が長いほど耐溶剤性が向上することが解ります。

温度 時間 キシレン MIBK
70℃ 20分 約20回摩耗で剥離 約4回摩耗で剥離
40分 約45回摩耗で剥離 約13回摩耗で剥離
80℃ 20分 約50回摩耗で剥離 約12回摩耗で剥離
40分 約135回摩耗で剥離 約35回摩耗で剥離

MENU