十条ケミカル株式会社

スクリーンインキをつかう

スクリーン印刷は、様々な材質や形状のものに印刷され、用途や要求される性能も多岐にわたります。スクリーンインキもそれぞれの材質、形状、用途、性能に適した多種多様なものがあり、以下にそれぞれの技術的特徴や使い方、性能、トラブル時の対応などについてまとめました。私たちのこれまでの実績やノウハウが結実した技術情報の数々です。

  • 材質に関する資料

非結晶性ポリエステル材への推薦インキ

1.経 緯

最近、塩ビの代替素材として PET-G、PETEC(ペテック)、ペットエース 等の非結晶性ポリエステル材(A-PET)が使用されるケースが増えてきました。そこで今回、非結晶性ポリエステル材へ各種インキの印刷試験を行いました。

2.推薦インキ

2-1.溶剤型インキ

シリーズ名 用途 溶剤
900シリーズ テトロン PET等 テトロン標準
3500シリーズ EXG PVC等 EXG標準
8000シリーズ PC PC等 PC標準
800シリーズ PAS PS等 スチロール標準
#2標準

一般に次の様な場合に印刷表面にクラックが発生する事がありますのでご注意下さい。 

  1. 高濃度タイプのインキ(白、銀、蛍光色など)を用いる場合
    (特にEXO色は使用できません)
  2. 遅乾性溶剤を用いる場合
  3. 強制乾燥を行わず、自然乾燥で乾燥する場合
  4. 完全乾燥する前に後加工を行った場合

2-2. UVインキ

シリーズ名 用途 仕上がり 標準硬化条件
4200シリーズ PF PC等 マット 500mJ/cm2
4300シリーズ OP 紙、PC等 グロス 200mJ/cm2
4700シリーズ M PVC等 マット 200mJ/cm2
4800シリーズ PS PS等 グロス 500mJ/cm2
  1. UVインキは有機溶剤を使用しないので、クラックの心配はありません。
  2. UVインキは接着性の確認試験のみを行っています。
  3. 4200PF及び4700Mは被膜が柔軟で、後加工性が良好です。
  • 上記のデータは弊社試験(非結晶性ポリエステル材のクラック再現試験)に基づくものです。
  • 印刷面積、膜厚、及び後加工条件等により結果が異なる場合があります。印刷をする前には充分に確認テストを行って下さい。

MENU