十条ケミカル株式会社

スクリーンインキをつかう

スクリーン印刷は、様々な材質や形状のものに印刷され、用途や要求される性能も多岐にわたります。スクリーンインキもそれぞれの材質、形状、用途、性能に適した多種多様なものがあり、以下にそれぞれの技術的特徴や使い方、性能、トラブル時の対応などについてまとめました。私たちのこれまでの実績やノウハウが結実した技術情報の数々です。

  • 特殊用途向インキ

パッド印刷のトラブルと対策

トラブル 状態 原因 対策
印刷図柄の欠け パッド面にうまくインキが乗らずに刷版に残る (1)パッドが新品の場合 溶剤を浸み込ませたウェスでパッドを軽く拭く
(2)パッドが柔らかすぎる パッドをより硬いものに変える
(3)インキの粘度が高すぎる 溶剤を追加し粘度を下げる
(4)インキの乾燥が速すぎる 溶剤を遅乾性の溶剤に変更する
(5)希釈溶剤の選定不良 指定溶剤に変更する
にじみ
ベタ面のムラ
印刷後もパッド面にインキが残っている (1)パッドが硬すぎる パッドを柔らかいものに変える
(2)溶剤の加えすぎ インキ原液を追加する
(3)インキの乾燥が遅い 溶剤を速乾性の溶剤に変更する
(4)印刷速度が速すぎる 印刷速度を遅くする
(5)パッドの寿命が来ている
(30,000〜50,000ショット)
パッドを新品と交換する
糸引き
ひげ
図柄の周りにひげが生えた様になる (1)静電気が発生している 作業場の湿度を上げる
(2)パッドの上昇速度が速い 上昇速度を遅くする
(3)パッドの形状が不適切 先の鋭ったパッドに交換する
(4)インキの粘りが強すぎる コンパンドを添加する
ピンホール 図柄の端の気泡 (1)ブレードの寿命が来ている
(5,000〜30,000ショット)
ブレードを新品と交換する
(2)ブレードが汚れている ブレードの刃先を掃除する
図面全体のはじき (1)溶剤の加えすぎ インキ原液を追加する
(2)印刷面の汚れ アルコール等で汚れを拭き取る
(3)レベリング剤の不足 レベリング剤を添加する
印刷歪み 印刷図面がにじった様に歪む (1)パッドを強く押しすぎる 軽く押す様にする
(2)被印刷物が動く 受け治具をチェックする
接着性不良 セロテープ剥離試験、爪の引っ掻き試験等でインキが剥離する (1)インキシリーズ選定不良 材質に合ったシリーズを選ぶ
(2)乾燥不良、硬化不良 十分に乾燥または硬化する
(3)印刷面の汚れ アルコール等で汚れを拭き取る
(4)インキの濃度過多 低濃度のインキに変更する
皮膜物性不良 耐摩耗性,耐溶剤性試験等で不良となる (1)インキシリーズ選定不良 皮膜物性の良いシリーズに変更
(2)乾燥不良、硬化不良 十分に乾燥または硬化する
(3)膜厚が不足 刷版の深度を上げる、又は二度押し、三度押しをする
隠蔽性不良 濃色の生地に印刷した時に下地を隠蔽出来ない (1)インキの濃度不足 高濃度のインキに変更する
(2)膜厚が不足 刷版の深度を上げる、又は二度押し、三度押しをする
光沢不良 艶消仕上がりになる (1)インキシリーズ選定不良 光沢の良いシリーズに変更する
(2)二液反応型のポットライフ ポットライフ時間を過ぎている
(3)希釈溶剤の選定不良 指定溶剤に変更する
調色安定性不良 調色インキの濃度や色相が印刷中又は貯蔵中に変化する (1)異なるシリーズのインキを
用いて調色した
同一シリーズのインキだけを用いて調色する
(2)希釈溶剤の選定不良 指定溶剤に変更する

注)

  1. この技術資料は、ナビタス(株)の技術資料を参考にして、インキについて書き加えました。
  2. インキ以外の資機材(印刷機、パッド、ブレード等)が原因によるトラブルに関しては、ナビタス(株)へ直接お問い合わせください。

MENU