十条ケミカル株式会社

用語集

スクリーンインキにまつわる様々な用語を網羅した用語集。印刷の工程に関わるものから業界特有の用語、化学用語や技術用語なども盛り込みました。この領域のパイオニアである弊社ならではの充実ぶりです。

もどり residual tack

一度表面乾燥したインキが、残留溶剤、熱及び湿気などのためにべたついてくる現象。ビヒクル成分の性質によって起こりやすいものがある。 → アフタータック → ブロッキング

マイカ mica

マイカ(雲母)は鉱物の一種で、水晶などに含まれるケイ素が主成分。結晶中ではケイ素と酸素からなる四面体がシート状になっており、このような構造を持つために種々の面白い特性を持つ。

マイクロカプセル micro capsule

染料ベース、香料、薬剤、液晶などを直径1µm〜1mm位の殻(カプセル)に封入したもの。感圧カーボン紙の発色剤、芳香インキなどに用いられる。

マイグレーション migration

印刷した色が接触している他の面に移る現象。色料の昇華、溶解化などによって起こる。銀ペーストにおいては、銀のマイグレーション現象が問題となる。 → ブリード

マクロフォール Makrofol®

バイエル社製ポリカーボネートフィルムの商品名。 → バイフォール

マジョーラ MAZIORA

日本ペイント製の偏光性塗料。カメレオン塗料とも言い、見る角度や光の当たり方によって、3〜4色に変化する。(マジョーラは日本ペイントの登録商標)

マスキングインキ masking ink

加工を行なう面以外の部分をマスクするために印刷され、加工終了後には剥離されるタイプのインキ。塗装やサンドブラスト加工等で部分的なマスキングを必要とする用途や、材質面や印刷面の一時的な保護を目的とする保護フィルム用としても使用される。 → JELCON MS → JELCON RIP → JELCON GEC

マット型インキ(艶消型インキ) matt-finish ink

艶消印刷物を作るためのインキ。一般に印刷物は光沢の優れた仕上がりが望まれるが、自動車用計器板への印刷などでは光沢のない仕上がりが要求される。又マット型インキはグロス型インキよりも耐ブロッキング性の面で有利なので、軟質ビニールへの印刷や透明PETフィルムへの裏刷りなどでは主流となっている。

マリエスト

北越紀州製紙製のキャストコート紙、表面コートされた紙で非常に光沢が強い。

マンセル記号 Munsel number

マンセル表色系のシステムによって色彩を表示する記号。色相をH、明度をV、彩度をCで表す。

ミスチング misting

印刷物の画線部のまわりにインキが霧状に付着する現象。腰の切れた粘りのないインキを低粘度で印刷したときに発生しやすい。 → ひげ(糸引き)

ムラ unevenness

印刷されたインキの濃度や厚さが均一でないこと。

メジウム medium (clear)

印刷インキの色を薄くするために使用する無色透明のインキ。クリアーともいう。メジウムはグロス型インキで使用され、マット型インキではエクステンダーが使用される。色濃度調整の他、アルミペースト等の特殊色剤用混合ベースとして、又オーバーコートアンダーコート用としても使用される。

メタシャイン® METASHINE®

フレーク形状のガラスを基材とし、その表面に金属や金属酸化物をコーティングすることで美しい光沢を表現する光輝性無機顔料。日本板硝子(株)製。

メタメリズム(条件等色) metamerism

ある光源のもとでは同一に見える色が、別の光源のもとでは違った色に見える現象。顔料の組み合わせが異なる調色インキなどで起こる。 調色をする際の光源の選択が重要。

メタルハライドランプ metalhalide lamp

高圧水銀灯の一種で、水銀の他に金属(ハロゲン化物)を添加したランプ。UVインキの硬化用に使用する。 → UVランプ

メタル版 metal screen

金属製スクリーン版の総称。エッチングによる板状のメタル版やニッケル箔を使ったラインケメタル版等が知られる。プリント基板のレジスト印刷に使われることがあるが、一般のスクリーン印刷では使用しない。 → ステンレス紗

メッシュ mesh

1インチ(2.54cm)に何本の糸が織られているか、という糸の線数のこと。 → スクリーン線数

メンブレンスイッチ membrane switch

家電製品などで使用されている、フィルム状に作られたスイッチのこと。加飾部分及び回路部の印刷にスクリーン印刷が使用される。

モアレ moire(仏)

点または線が幾何学的に規則正しく分布したものを重ね合わせることによって生じる干渉縞、斑紋。網点分解でスクリーンの角度が狂うと網点が干渉して顕著に生ずる。 → FMスクリーン

モットリング mottling

印刷面のベタや網点のシャドー部に細かな濃淡ムラのできる現象。ムラ

モノクロ(モノクローム) monochrome

一色で表現された絵、又は白黒写真。

モバイル mobile

「移動性を持った」、「可動式の」という意味の形容詞。転じて、携帯電話機や持ち運び可能な小型コンピュータ一般のこと。

明度 brightness

色相、彩度とともに色の3属性の一つ。色の明るさを尺度化したもの。マンセル表色系ではバリューがこれにあたる。 → 色相 → 彩度

水無し平版(ドライオグラフィー) waterless plate, (dryography)

非画線部がシリコンゴムからなる版を使用し、湿し水を用いない平版印刷システム。

無機EL

金属化合物などの無機物を発光体にする電界発光(EL : electronic Luminescence)。実用化されている無機ELは交流で動作するものが多く、輝度は電圧と交流周波数に依存する。分散型ELといわれることもあるが、駆動電圧をあげるための昇圧コイルやコンデンサまでワンチップ化し、200V、1500Hzくらいまでの駆動ICも開発されている。 → EL → 有機EL

無機蛍光顔料 inorganic fluorescent pigment

ブラックランプの光(紫外線)により鮮やかに発色する。自然光の下では、白あるいは半透明色。耐候性がよい。 → BLインキ

無機顔料 inorganic pigment

無機質の顔料で合成によるものと天然の鉱物から作ったものがあり、安価でしかも耐候性、耐熱性、耐溶剤性等に優れているが、色の鮮明さ、着色力では有機顔料に及ばない。

目詰まり filling in(up)

刷版の画線のオープニングがインキの乾燥もしくは異物によりふさがれる現象。これと逆の現象は、裏まわり

面付 layout

同じ模様を同時に多量印刷するために、版下原稿作成時にフィルムにレイアウト(貼り付け)すること。

MENU