十条ケミカル株式会社

用語集

スクリーンインキにまつわる様々な用語を網羅した用語集。印刷の工程に関わるものから業界特有の用語、化学用語や技術用語なども盛り込みました。この領域のパイオニアである弊社ならではの充実ぶりです。

NITE(ナイト)

製品評価技術基盤機構(National Institute of Technology and Evaluation)のこと。01年4月設立の独立行政法人で、活動分野は、電気機器などの製品安全分野、化学物質の管理分野、計量器などの認証を行う機関の認定分野、微生物などの生物遺伝資源の保存と解析・活用分野の4分野となっている。
印刷インキが関係する”化学物質管理分野”では、化学物質の総合的なリスク評価・管理に関するさまざまな情報を提供している。(GHSPRTR、化審法、他)

ナイロンタフタ

縦横均一なナイロン糸で織った平織りの生地。

ナフタレン Naphthalin

ナフタレンはPAHsの一つであり、変異原性物質として労働安全衛生法の規制対象となっている。 防虫剤として一般に使用されていた事もある。
スクリーン印刷用溶剤の芳香族炭化水素に不純物もしくは一成分として含有されている。
十条ケミカルでは、ナフタレン対応のため2011年1月以降9100シリーズPETインキを廃止し、低ナフタレンタイプの9100PLシリーズPETインキに一本化している。

内部硬化性 inner cure

UVインキの内部硬化性は、空気中の酸素の影響を受けない部分の硬化性である。インキ皮膜の中層部は、紫外線強度がまだ充分に強いので硬化性が一番良い部分である。しかし、紫外線強度はインキ皮膜の深部へ行くに従い弱くなり、皮膜深層部は重合速度が遅くなってしまう。皮膜深層部は接着界面部分でもあるので、硬化不良となると接着不良が発生する。従って接着を良くするためには、内部硬化性を良くすることが大切である。けれども内部硬化性があまりに良くなり過ぎると、内部応力が大きくなるので接着を阻害する場合もあるので注意を要する。 → 表面硬化性

捺染 textile printing

布に模様を印刷して染色することを捺染(なっせん)という。スクリーン印刷は捺染技術を応用したものである。

長台 long table

  1. ロール状の長さのあるフィルム、シート、布などを固定する印刷台をいい、版を移動して印刷を行う。主に空気入りビニール玩具の印刷に用いられる。
  2. 捺染台

MENU