十条ケミカル株式会社

用語集

スクリーンインキにまつわる様々な用語を網羅した用語集。印刷の工程に関わるものから業界特有の用語、化学用語や技術用語なども盛り込みました。この領域のパイオニアである弊社ならではの充実ぶりです。

WEEE指令

廃電気・電子機器の削減、リユース、リサイクルの推進を目的に、2003年2月に公布された廃電気電子機器に関するEUの指令。 電気・電子機器製品の生産者に対し、再使用とリサイクリングを考慮した機器の設計と製造、分別収集、リサイクルシステムの構築、再生率及び再利用・リサイクル率の目標達成、収集、処理、再生、処分のためのコストの負担等を義務付けている。
WEEE指令を補完するものとして、RoHS指令が同時期に採択された。

タッキファイヤー

粘着剤の成分の一部で、粘着力の基になるもの。

タルク(滑石) talc

スクリーンインキ用の体質顔料として使用される。

ターポリン tarpaulin

「ポリエステル繊維の織物」を「軟質な合成樹脂フィルム」でサンドしたビニール系の素材。店舗の日除けテントやイベントの仮設テント・工事現場の養生シート等に使われる。布に比べて丈夫で汚れにくく長持ちする。

ターンテーブル式スクリーン印刷機 turntable screen printing machine

インデックステーブルに複数枚刷版をつけて、テーブルを回転させ多色刷りを行う印刷機。

ダイクロイックフィルター Dichroic Filter

可視光のBGR成分をそれぞれ反射し、イエロー、マゼンタ、シアンを取り出すためのフィルターで、イエロー用、マゼンタ用、シアン用の3種類がある。

ダイクロイックミラー Dichroic Mirror

可視光のBGR成分を取り出すためのミラーで、青色用、緑色用、赤色用ミラーの3種類がある。硝子板上に高屈折率物質と低屈折率物質を交互に真空蒸着し、膜の厚さと層数を適当な値にすることによって、任意の波長の光を反射する。

ダイナテクスチャー®

大日本印刷が開発した印刷技術。住宅設備の素材や建材のもつ光沢や色、手触りなどを紙の上に再現する。従来の商業印刷物の視点では表現できない質感、光沢、凹凸の再現が可能。

ダミー缶 dummy can

自動販売機にセットし展示するための、飲料缶などの商品見本。実物の飲料缶の印刷には耐候性インキが使われていないので屋外展示には適さない。ダミー缶は耐候性の強いインキでスクリーン印刷されているケースが多い。

ダレ

インキが垂れること。腰切剤の添加により改良される。

ダンプラ

プラスチックダンボール(プラダン)、段ボール形状のプラスチックのこと。

体積固有抵抗

各種材料の直流抵抗値の一つ。一般のプラスチック、ゴム材料のような絶縁材料についてJIS6911 (熱硬化性プラスチック一般試験方法)に準じた3端子法により測定される。

体質顔料(フィラー filler)

屈折率が小さい透明性白色顔料。他の顔料の増量剤、艶消剤、インキの性質を調節するための混和剤などとして使用される。炭酸カルシウム、硫酸バリウム、炭酸マグネシウム、タルクなどがある。

単量体(モノマー monomer)

重合反応によって重合体を合成する場合の出発物質。たとえばスチレンはポリスチレンの単量体である。モノマーはUVインキなどのビヒクル成分として使用される。 → オリゴマー → ポリマー

多色刷り multi-color printing

色分解方式によらない多色印刷。

帯電防止剤 anti-static agent

表面の固有抵抗を小さくして静電気の発生を防止するための添加剤。プラスチック、ゴム、繊維などの表面の電気抵抗を小さくして、静電気の発生による帯電を防止するために材料に添加したり、表面に塗布する副資材をいう。界面活性剤、無機塩、多価アルコール、金属化合物、カーボンなどがある。

帯電除去ブラシ anti-static brush

導電性の繊維を利用したブラシで、帯電した表面に接触させて静電気を除去する。

弾性 elasticity

一定の限度以下の外力を加え変形させ、その後、外力を取り除くと原形にもどる性質をいう。反対語は、塑性(plasticity)。

炭酸カルシウム Calcium Carbonate

スクリーンインキ用の体質顔料として利用される。化学式 CaCO3

耐候性試験 weathering resistance test

印刷物の耐候性を調べる試験。屋外曝露による方法と耐候性試験機(サンシャインウェザーメーター)を用いる促進耐候性試験がある。

耐候性(耐候性) weathering resistance (lightfastness)

自然の光・雨・熱などによる変色・退色に耐える性質。光、熱、風、雨などの屋外条件下で暴露したときの耐久性をいう。長期間を要する屋外暴露試験と人工促進試験によって評価される。

耐刷力 plate wear

刷版が印刷することのできる印刷限界力。印刷枚数で表す。

耐引っ掻き性(耐スクラッチ性 scrach resistance(-proofness))

印刷面の表面を爪などで引っ掻き、傷のつき具合が少ないこと。尚スクラッチインキでは、逆に爪で引っ掻いたときに容易に剥離できることが要求される。

耐打鍵性 key-rubbing resistance

メンブレンスイッチなどで、打鍵に対する強さを調べる試験。一般的な試験方法が確立されていないため、各社毎に試験方法が異なる。

耐摩耗性 abrasion resistance

摩耗に耐える物性。

耐汗性試験 sweat resistance test

工業製品の汗に対する強さを調べる試験。試験には人工汗液を使用する。 → 汗試験

耐用性 durability

スクリーンインキの耐用性には、一般に下表のようなものがある。

耐用性 色相・光沢・濃度・隠蔽性・透明性
耐候性(耐候性)
化学的耐性 耐水性 … 耐水性、耐沸騰水性、耐塩水性、他
耐薬品性 … 耐酸・耐アルカリ性、耐マイグレーション性、他
耐溶剤性 … 耐アルコール性、耐ラッカーシンナー性、耐油性、他
物理的耐性 耐摩擦(摩耗)性
耐スクラッチ性・耐打鍵性
耐折曲げ性・耐衝撃性
耐熱性・耐寒性・耐熱サイクル性・耐湿性
二次加工性 ラミネート適性・オーバーコート適性
成形加工性・打ち抜き加工性
ウェルダー適性
その他 臭気・毒性・価格

耐薬品性 chemical resistance

薬品により反応・膨潤・溶出等を生じない性質。プラスチックでは、金属のように水分などにより錆びる現象は少ないが、有機溶剤や強酸、強アルカリに侵されるものがある。しかしフッ素樹脂、PE、PP、POMなどのように薬品に侵されにくいものも多く、特に塩類にはほとんど侵されない。プラスチックの構造によって縮合などで製造されたポリアミド、ポリエステルでは、強酸、アルカリによって加水分解され、高温では水の存在下で分子量が小さくなり強度が低下する。ビニル重合したプラスチックは一般に極性基をもつため、溶剤に弱く( 例:酢酸ビニル、PMMA、PVCなど)、これに対し、炭素と水素からなるPE、PPなどは耐薬品性が良く、逆にこれを溶かす溶媒がないため、印刷適性も悪くなる。この水素をフッ素に変えたのがフッ素樹脂であるが、これはさらに耐薬品性がすぐれる。

退色 discoloration

光などの作用でインキの色がさめること。染料系の有機顔料(レーキレッドC、カーミン6Bなど)は日光に弱く、短時間で退色する。蛍光顔料は更に弱い。逆にフタロシアニン系顔料等は耐候性が強くはほとんど退色しない。屋外で使用される印刷物には、充分な耐候性を持ったインキを使用する必要がある。

MENU