十条ケミカル株式会社

用語集

スクリーンインキにまつわる様々な用語を網羅した用語集。印刷の工程に関わるものから業界特有の用語、化学用語や技術用語なども盛り込みました。この領域のパイオニアである弊社ならではの充実ぶりです。

フリーワード検索

用語集ページからキーワードの全文検索を行います

CCM

CCM(Computer Color Matching)は、これまで人が経験で行ってきた調色(色合わせ)作業を、コンピューターにより数値的に処理する。人の目にあたる分光光度計と頭脳にあたるコンピュータとで構成され、ベテランの職人の知識に相当する基礎データを登録することにより、調色計算を行う。

CLP規則 (Classification, Labeling and Packaging of substances and mixtures)

EUにおいて2009年1月に発効された化学物質(物質と混合物)の分類、表示および包装に関する規則。 国連が勧告しているGHSを導入する形で制定されている。
CLP規則は以下の義務をEU域内の製造者および輸入者(供給者)に課している。

  • 化学物質(物質と混合物)の危険性を分類する為の基準による分類の義務
  • 化学物質の表示(ラベル表示)の義務
  • 化学物質の安全な梱包の義務

CSR調達

CSR調達とは、企業が原材料や資材、部品などを調達する際に、調達先に対し、社会的責任(Corporate Social Responsibility)を果たしていることを求めるもの。 グリーン調達では環境負荷物質の削減に重点を置いて取引条件を定めるが、CSR調達では、さらに従業員を適正な労働条件で雇用していることなど、社会の一員として責任ある企業活動をしていることを取引の条件にする。
 → 十条ケミカル企業倫理要綱

CYM

インキなど色材の3原色、藍(Cyan)、黄(Yellow)、紅(Magenta)を略してCYMという。また黒を加えてCYMKという場合もある。 → 三原色 → 減法混色 → カラーバランス

GADSL(Global Automotive Declarable Substance List)

各国の自動車関連メーカーで組織されたGASG(Global Automotive Stakeholder Group)から出されている規制化学物質のリスト。化学物質の規制は以下の3つのレベルに分けられている。
  P:すべての用途において禁止(P:Prohibited禁止)
  D/P:使用目的によっては禁止、禁止以外の用途では申告が要求される
  D:閾値を超えて使用する場合は申告が要求される(D:Declarable申告)
ただし、GADSL自体には拘束力はなく、実際の各国法規や企業要求(規制物質)により規制される。又、IMDS(International Material Data System)やJAMAシート内での化学物質の規制表記もGADSLを元に作られている。

GHS(ジー・エイチ・エス)

GHS(Globally Harmonaized System of Classification and Labelling of Chemicals)は、「化学品の分類および表示に関する世界調和システム」のこと。化学品を世界共通の危険有害性の基準で分類し、一目で分かるようなラベルの表示などを行うというもの。  → 環境省資料 [ PDF 511KB ]
 → 法改正に伴うラベル表示内容の変更 (2006.11)

JAMAシート(JAMA/JAPIA統一データシート)

JAMA(日本自動車工業会)とJAPIA(日本自動車部品工業会)の合意のもとに標準化された成分調査データシート。自動車メーカーおよびそのサプライヤは納入部品、材料の成分情報の調査にJAMAシートを採用している。JAMAシートでは部品を構造レベルごとに記載していき、構成部位、材料、化学物質の順に記載されることで全ての化学物質が記載される形式になっている。
 → IMDS、  → GADSL

JIG(ジョイント・インダストリー・ガイドライン)

JIG(Joint Industry Guide:ジョイント・インダストリー・ガイドライン)とは、JGPSSI(グリーン調達調査共通化協議会)・EIA(米国電子連合会)・EICTA(欧州情報通信技術製造者協会)の共同作業により発行されたグリーン調達に関連する管理物質の共通化を目的とした電機電子業界向けのガイドライン。
JIGには、含有化学物質調査対象の化学物質情報の他、情報開示を必要とする濃度(閾値)や現行法によるレベル分けされた物質リストなどが掲載されている。
尚、JGPSSIは2012年5月に解消し、国内VT62474に移行した。JIGもIEC62474に移行した。
 → グリーン調達

 

JIS (Japan Industrial Standard)

日本工業規格のこと。工業標準化法に基づき、工業製品についての規格、測定法などを定めた日本の国家規格。最近改訂されたJISでは、国際規格ISOとの整合性を考慮されている。(JIS Q 9001: ISO9001, JIS Q 14001: ISO14001、等)
尚現在直接スクリーンインキに関する規定はないため、塗料規格JIS Kを参考に使う場合が多い。

しゅす(繻子) satin

縦糸か横糸を浮かした絹織物。なめらかで艶があり、帯や婦人服の服地用に使われる。

シアン cyan

色材の3原色の一つ、藍色(青色)のこと。 → CYM

シップリサイクル条約

シップリサイクルとは、寿命を終えた船舶を解体し、得られた資源を再利用するプロセスのこと。船舶の多くは安全衛生及び環境汚染の問題のある途上国でリサイクルされているのが現状。有害物質一覧表(インベントリ)には21物質群が記載されている。

シボ

布面の細かいしわのこと。転じて、成形品表面の凹凸状の模様をいう。

ショア硬度 shore hardness

岩石の破壊強さなどを表現する方法で、スキージのゴムの硬さを表現するのに用いられる。

シラリック® Xirallic®

アルミナ素材を麟片形状に結晶成長させて得られる光輝性顔料、メルク・ジャパン(株)製。

シリコーン Silicones

ケイ素樹脂ともいう。ケイ素(シリコン)をふくむ有機化合物。ポリイミドとシリコンゴムとの接着剤としてJELCON SRVが使用された例があるが、意匠用インキがスクリーン印刷されることはあまりない。シリコンオイルは消泡剤として利用される。

シリンダーテーブル式スクリーン印刷機 cylinder press

印刷台が円筒(シリンダー)状になった印刷機で、スキージは固定され、スクリーン枠はシリンダーの回転と同調して動く印刷機。紙やフィルムなどの高速印刷に向く。

シーズニング seasoning

印刷用紙を加湿、乾燥の繰り返しにより紙の波打や伸縮を防止すること。 → アニーリング

ジスアゾエロー disazo yellow

代表的な黄色有機顔料。耐候性がやや弱いが、耐溶剤性、耐熱性、耐薬品性、着色力が優れており、フローも良好なため、プロセスインキその他に広く用いられている。

写植 phototype setting

写真植字機を用いて文字等を印字すること。現在ではコンピュータを使って版下原稿を作成するので、あまり行われない。

写真版 photo-stencil

写真製版された刷版。作成には、版下原稿作成 → 写真原稿作成 → 写真製版作成の各工程がある。また写真版以外には、カッティング版がある。

収縮 contraction

主にUVインキで、硬化皮膜が縮んでしまう現象。DVD用インキなどで問題となる。 → チルト角

射出成形(インジェクション成形) injection molding

プラスチックの成形材料を射出成形機のシリンダの中で加熱し溶融させてから、固く閉じた金型の中に加圧注入充填し、硬化させて成形品として取り出す方法。

指触乾燥 tack-free drying

印刷したインキ表面を指先で軽く触れて、指先がインキで汚れない状態をいう。

昇華性インキ sublimation ink

特定の温度で昇華(固体から直接気体になること)する性質を持った染料を使用したインキ。多くは布の印刷に用いるが、プラスチックへの応用例もある。

昇華転写

転写紙に特殊なインク(分散染料インク)で印刷した物を、熱と圧力をかけることによって相手側(ポリエステル繊維など)に写すシステム。布の印刷を小ロット・多品種で製作できる。

消泡剤 de-foamer

スクリーン印刷を行う際には、インキが刷版の紗の目を通過する時に気泡が発生するので、これを消滅させるために消泡剤を使用する。シリコン系消泡剤は少量の添加でも消泡効果が大きいが、透明インキににごりを発生させる為、透明インキでは非シリコン系消泡剤が使用される。

白押さえ white backing

透明材に裏刷りをする場合に、地色となる白のこと。刷り順は最後。白以外にパステルカラー(pastel color、淡彩色)や銀色が使われることもある。

硝化綿(ニトロセルローズ nitrocellulose)

繊維素を硫酸と硝酸の混液で硝化したもの。硝化度により溶解性が異なる。硝化度の高いものはエステル系溶剤に可溶で、炭化水素系溶剤で希釈できる。中程度のものはアルコールとエステルの混合溶剤に可溶である。また硝化度の低いものは変性アルコールに可溶である。多くの樹脂類と相溶性がある。

磁性インキ magnetic ink

磁気特性を持つ酸化鉄の粉末をビヒクルと練り合わせたインキ。 磁性粉(Fe3O4等)をビヒクルに分散させたインキで、キャッシュカード等に使用される。

示温インキ thermochromic ink

コレステロールの高級脂肪酸エステルなどの結晶配列により変色するサーモクロミック物質をマイクロカプセル化しインキにしたもの。

示温顔料 thermochromic pigment

ある温度以上に加熱されると色が変化する顔料。温度が降下したとき色が元に戻るものを可逆性示温顔料といい、戻らないものを不可逆性示温顔料という。後者には色の変化が1段階のものと2段階以上にわたるものがある。

紗張り fabric tensioning

枠に紗を張ること。

紗(スクリーン) screen fabric

シルク(絹)、ナイロン、ポリエステル、ステンレス等の糸で、メッシュ上に織られた織物。スクリーン印刷の語源。

紫外線 ultraviolet rays

波長帯約10nm〜380nmの電磁波。紫外線硬化型インキの硬化などに使用する。

紫外線吸収剤 absorber of ultraviolet ray

紫外線を吸収してインキの耐候性を向上するための添加剤。特に屋外用のオーバーコートクリアーなどに添加すると効果がある。隠蔽性の良いインキではあまり効果がない。 → JELCON VS

紫外線硬化型インキ(UVインキ UV ink)

紫外線硬化型インキは一般にUVインキとも呼ばれ、紫外線のエネルギーで光化学反応を起こし、液状から個体へ秒単位で硬化し皮膜形成を行う。インキの主成分は、光重合性樹脂、光重合開始剤、着色料および助剤で、原則として有機溶剤は含まない。従って100%固形分となる無溶剤型インキである。UVインキのメリットは単に速硬化性、高度の皮膜物性、脱溶剤等のみならず、従来からスクリーン印刷の理想といわれてきた「版上では乾かずに印刷後の乾燥が速い」という溶剤型インキでは成し得なかった機能性を実現出来たことである。

紫外線硬化(UVキュアリング UV curing)

印刷インキ膜に紫外線を照射し、反応硬化させて固形皮膜に変えること。UVインキの成分は、感光性ポリマー、モノマー、光重合開始剤、顔料、補助剤などであり、光重合開始剤が、特定波長の紫外線を吸収して連鎖反応を起こしインキを硬化させる。

絞り加工

板材のプレス成形法の一種。1枚の板状の素材を変形させて一度に器状にしてしまう加工方法。ヘラ絞り加工、スピニング加工、深絞り加工等がある。

自動給紙装置 automatic feeder

積み重ねた紙を一枚ずつ印刷機に送り出す装置。

自動見当合わせ装置 automatic register

被印刷物の印刷位置を自動的に補正する装置。 → 当たり → 見当

自己消火性 self-extinguishablity ?

プラスチックは炎に接すると燃えるが、炎を取り除いたとき自然に消火する性質をいう。塩ビ樹脂は自己消火性である。

自然乾燥 air dry

印刷後、インキを自然放置の状態で乾燥させること。 → 加熱乾燥

色差 color difference

色の差を数値化したもの。一般的な色差Eのレベル分けは、下表のとおり。

色差(Ε) 色差の程度
〜0.8 目視判定の再現性から見て厳格な色差規格を設定できる限界
0.8〜1.6 隣接比較色差が感じられるレベル
1.6〜3.2 離間比較では殆ど気づかない
3.2〜6.5 印象レベルでは同じ色として扱える範囲
6.5〜13 マンセル色票間の色差に相当
13〜 系統色で区別がつく程度の色の差

色環 color wheel

色相の変化を系統的に表すために、色表を次の順に環状に配列したもの。 赤-黄赤(橙)-黄-黄緑-緑-青緑(浅葱)-青-青紫(群青)-紫-赤紫

色相 hue

明度、彩度とともに色の3属性の一つ。赤、黄、緑、青、紫など。マンセル色表系ではヒューがこれにあたる。 → 明度 → 彩度

蒸発乾燥 evaporation

インキが印刷素材に転移した後、溶剤が蒸発して固形膜を形成する乾燥方式。

蒸発乾燥型インキ evaporation drying ink

インキ中の溶剤が蒸発することにより硬化するインキ。

蒸発速度比 evaporation speed proportion

蒸発速度比は酢酸ブチルを基準の1とし、これより数字の大きいものほど蒸発が速く、小さいものほど遅いことを示している。例えばキシレン(0.7)はシクロヘキサノン(0.23)よりも蒸発速度は約3倍速い。有機溶剤の沸点と蒸発速度比とは厳密には一致しない。

遮蔽 cover

覆ってさえぎること。

MENU