十条ケミカル株式会社

用語集

スクリーンインキにまつわる様々な用語を網羅した用語集。印刷の工程に関わるものから業界特有の用語、化学用語や技術用語なども盛り込みました。この領域のパイオニアである弊社ならではの充実ぶりです。

サイジング剤(サイズ剤) sizing agent

サイジング剤とは、紙の表面に塗工することにより、印刷適性、平滑性、耐摩擦性、その他の物性を向上させるために使用する糊剤のこと。

サイディング siding

サイディングとはボード状の外壁材で、窯業系と金属系、木質系などがある。

サニーカラー

紫外線太陽光により可逆的に消食発色が何回でも繰り返し使用できるフォトクロミック色材。記録素材総合研究所製。

サンドブラスト sand-blast

ガラスやステンレスなどに砂を吹き付けることにより表面を加工する方法。サンドブラスト用UVマスキングインキJELCON GECシリーズを使用することにより、部分的な艶消し仕上がりとなる。 → レジストインキ

サンロイドバリア

変性PPE(ポリフェニレンエーテル)がベースの絶縁用難燃フィルム。筒中プラスチック工業(株)製

三原色 the three primary colors

色光の三原色は、赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)で、これらの組み合わせで全ての色を表現する。RGBを最高の明度で組み合わせると白になる(加法混色)。これに対して印刷では、インキなどの色材の三原色、藍(Cyan)、黄(Yellow)、紅(Magenta)の組み合わせで色を表現する。CYMを全て加えると黒になる(減法混色)が、色材の反射率の関係で純粋な黒を表現できないので、更に黒(Black)を加える。従って、反射光の場合はCYMKの4色で全ての色を表現する。

三本ロール(ロールミル roll mill)

印刷インキの製造装置。長さと太さが同じ3本の鉄製ロールが接触回転する練肉機で、後、中、前と順に回転速度が速くなっている。後ロールと中ロールの間に原料を投入し、ロール間の剪断力で顔料粒子をビヒクルに分散する。

再帰反射

再帰反射とは、光学上特殊な反射機構であり、入射した光が再び入射方向へ帰る反射現象を指す。入射角と反射角が等しくなる鏡などの反射とは異なり、受けた光をそのまま光源にはね返す。 → 再帰反射とは

再現性 reproducibility

版や印刷物の寸法・色などが原稿や指定された内容に対し、どの程度忠実に再現されているかをいう。

彩度 chroma

色相、明度とともに色の3属性の一つ。色の鮮やかさの差を区別する尺度。マンセル色表系ではクロマがこれにあたる。 → 明度 → 色相

残留溶剤 residual solvent

有機溶剤を使用したインキが蒸発乾燥するとき、一部の溶剤分が蒸発しきれずに皮膜中に残ったもの。印刷物に臭いなどが残って包装内容物への影響が生じたり、印刷物がブロッキングしたりする。 → アフタータック

酸化チタン(チタン白、チタンホワイト) titanium oxide

着色力、隠蔽力が大きい代表的な白色顔料。結晶形の違いにより、アナターゼ型とルチル型がある。白さの点ではアナターゼ型が優れているが、ルチル型は着色力、隠蔽性が優秀で、チョーキング現象を起こしにくい利点を持っている。いずれも耐光、耐熱、耐溶剤、耐薬品など、各種の耐性が極めて優れている。UVインキではアナターゼ型を用いることがあるが、その他のタイプのインキでは主にルチル型が使用される。 → 増白剤

酸化重合 oxidation polymerization

乾性油を主成分とするインキの印刷面に空気中の酸素が吸収され、ビヒクル分子をつなぎ合わせて網状の巨大分子とし乾燥膜を形成すること。

酸化重合型インキ oxydation and polymerization drying ink

空気中の酸素とインキ中の乾性油成分が反応することにより硬化するインキ。

MENU