十条ケミカル株式会社

用語集

スクリーンインキにまつわる様々な用語を網羅した用語集。印刷の工程に関わるものから業界特有の用語、化学用語や技術用語なども盛り込みました。この領域のパイオニアである弊社ならではの充実ぶりです。

ケトン Ketone

カルボニル基(CO)をもつ有機化合物のこと。スクリーン印刷には、シクロヘキサノンやイソホロン等のケトン系溶剤が使用されている。ケトン系溶剤はビニール樹脂やウレタン樹脂などに対する溶解力に優れるが、臭気が強いのが欠点である。

ケント紙 Kent paper

イギリス・ケント州で作られた洋紙。表面は石膏質で白色度が高く強靱。版下原稿作成時、ハーフトーンに良好。

ゲル(ゲル化) gel (gelatinization)

ゼリー状のものをゲルといい、印刷インキにゲルワニスを加えて、印刷作業性や再現性などの向上を図ることがある。又、インキやワニスが内部反応によってゼリー状に変化することをゲル化という。インキがゲル化すると印刷適性が失われる。 → ポットライフ

原紙剥離剤 remover

ニス原紙の落版に用いる溶剤のこと。スクリーンを再利用する場合に必要となる。

減法混色(減色混合)

色材(印刷インキ、塗料など)を加え合わせた場合の発色。紅+黄 = 赤、紅+黄+藍 = 黒などのように、混合すると暗い色になる。ハーフトーン印刷の原理。色光を加え合わせた場合の発色は、加法混色(加色混合)という。

結晶性樹脂(結晶性プラスチック)

線状高分子には、その化学構造によって分子の一部が規則的に集まることができるものがあり、これを結晶性樹脂という。結晶性樹脂はインキ受理性に難がある。 → 非結晶性樹脂

蛍光インキ fluorescent ink

蛍光顔料を使用したインキ。美麗な蛍光色を有しているが着色力、耐候性、耐溶剤性などが劣っている。

蛍光増白剤

布の白度を増すために用いられる、紫外線を吸収して青色光の形で放出する性質の処理剤。白色インキ用に応用される場合がある。 → 増白剤

蛍光顔料 fluorescent pigment

蛍光顔料(有機蛍光顔料)は樹脂に蛍光性染料を結合させて作ったもので、美麗な蛍光色を有しているが着色力、耐候性、耐溶剤性などが劣っている。 → 無機蛍光顔料

MENU