十条ケミカル株式会社

用語集

スクリーンインキにまつわる様々な用語を網羅した用語集。印刷の工程に関わるものから業界特有の用語、化学用語や技術用語なども盛り込みました。この領域のパイオニアである弊社ならではの充実ぶりです。

オフセット印刷 offset printing

平版から直接に刷らないで、一度ゴムブランケットに転写してから紙に印刷する方法。平版印刷が現在この方法を用いているため、平版印刷と同義に用いる場合が多い。

オフメタル

光沢のあるアルミ蒸着紙で、金属のメタリックな輝きが美しい。

オリゴマー oligomer

オリゴマーはUVインキの原料として使用する光硬化性樹脂で、モノマー(基本構造分子)の繰り返し数が 2〜20程度の重合体であり、プレポリマーとも呼ばれる。オリゴマーは二重結合と呼ばれる反応基を末端に 2〜6個持っており、粘度的には低粘度液状から半固体状まで幅広く存在する。UVインキの基本物性を支配する樹脂で、代表的な種類としてポリエステルアクリレート、エポキシアクリレート、ウレタンアクリレートなどがある。

オレフィン系樹脂 olefine resins

二重結合を1箇もった鎖状炭化水素の総称で、結晶高分子からなるため結晶化度により物性が変化する。この系統の樹脂として、ポリエチレン、ポリプロピレンなどがある。オレフィン系樹脂は、一般的に比重が小さく、耐薬品性が良く、射出流動性も優れているが、成形収縮率が大きく塗装、印刷、接着、ホットスタンプなどの二次加工適性が劣るので、加工前に表面処理を行う必要がある。 → 材質と推薦インキ[処理ポリエチレン、他] → ポリオレフィン材の表面処理

オーバーコートクリアー overcoat clear (O.C.C)

図柄が印刷された後、その上に印刷する透明なインキ。オフセット印刷などにおいては、OPニス(Overprint Varnish)と称される。一般には光沢型のインキであるが、艶消型インキが使われることもある。 → アンカーコート

オーロレインボー

リンテック(株)製のブラックライトの光に反応し「発光」する機能を持ったマーキングフィルム。現在は廃番となっている。

温風乾燥機 hot-wind dryer

ガスバーナーや電熱線等により、加熱した空気を炉に送ることによって、インキを乾燥もしくは硬化させる装置。

黄鉛 chrome yellow

以前は隠蔽性の優れた黄色顔料としてスクリーンインキに使用されたが、鉛成分を含むため、環境面及び健康面から現在はあまり使われない。十条ケミカルでは業界に先駆けて1980年頃より使用していない。

MENU