十条ケミカル株式会社

用語集

スクリーンインキにまつわる様々な用語を網羅した用語集。印刷の工程に関わるものから業界特有の用語、化学用語や技術用語なども盛り込みました。この領域のパイオニアである弊社ならではの充実ぶりです。

ABS樹脂 ABS resin

スチレン(約45%)、アクリロニトリル(約25%)、ブタジエン(約30%)の共重合樹脂。特にブタジエンの比率をかえることにより、性質は大幅に変化し、高衝撃品種から高剛性品種までできる。特殊グレードとして耐熱、透明、メッキ用のグレードがある。 → 材質と推薦インキ[ABS]

AIS

AISは、成形品の製品含有化学物質情報を伝達するための基本的な情報伝達シートで、成形品の「質量」「部位」「材質」「管理対象法規に該当する物質の含有有無・物質名・含有量・成形品当たりの濃度」などの情報を記載している。
印刷インキは成形品ではないので対象外。代わりに化学物質/混合物用のMSDSplusが提供される。

APパネル AP panel

ポリエチレン樹脂をアルミニウム板で挟んだアルミ複合板パネル。丈夫で軽くて錆びにくい。屋内・屋外用サインに使用される。

ARコート Anti-Reflection coat

低反射帯電防止コート。OA機器のディスプレイ表面(ガラス、アクリル、ポリカーボネートなど)に施される表面処理のこと。ノングレア処理とも呼ばれる。 → ノングレアインキ

AS樹脂 AS resin

スチレンモノマーとアクリロニトリルの共重体であり、GPPS(ポリスチレン)にほぼ近い透明性をもつ。GPPSと比較して、強度、耐候性、耐薬品性、耐熱性などに優れている。 → 材質と推薦インキ[PS,HIPS,AS]

FMスクリーン FM screen

網点の表現方法の一種。従来法をAMスクリーンと称し、規則的に並んだ網点の径の大小で濃淡を表現する。これに対してFMスクリーンは、規則性を持たない不定形ドットの集合密度で濃淡を表現する。AMスクリーンと比較してモアレが発生しにくく、またトーンジャンプが発生しない。

FRP(ガラス繊維強化プラスチック fiber reinforced plastic)

樹脂にガラス繊維を添加することにより、材料の脆さ、強さおよび熱変形温度の向上を目的として強化されたプラスチック材をいう。通常添加する繊維の長さ、配合比率、成形品への配向などにより物性強度が変化する。 → 材質と推薦インキ

MEK (methyl ethyl ketone)

メチルエチルケトン。ケトン系有機溶剤。スクリーン印刷用の希釈溶剤としては乾燥が速すぎるため使用されない。耐溶剤性試験用試薬として少量使用される。

MSDSplus

国内外の主要な法規及び業界基準で管理対象としている化学物質の含有情報を、物質管理業務担当者に情報伝達するためのシート。一方、(M)SDSは国内法における表示義務成分や危険有害性/事故防止など安全使用に関する事項を化学物質取扱者へ情報伝達することを目的にしており、それぞれその目的/伝達内容が異なる。
MSDSplusは製品中に含有される成分を管理対象とする「法規等の名称」、管理対象物質の「含有有無」、「物質名」、「CAS番号」、「濃度」などの情報を記載している。
アーティクルマネジメント推進協議会(JAMP:Joint Article Management Promotion-consortium)が策定した。

NL(Negative List)規制

ネガティブリストとは、使用してはならない原材料のリストのこと。印刷インキ工業連合会では、食品包装材料用印刷インキについてNL規制を行っている。インキ会社は顧客の依頼があった場合には、NL規制に基づいて製造されたインキである事を証明する文書を発行するサービスを行っている。

N夜光®(ルミノーバ®)

高輝度長残光性蓄光性夜光顔料、根本特殊化学(株)製。

SGSレポート SGS Test Report

第三者分析機関SGSが発行する化学物質分析レポートのこと。尚、一般的にはRoHS指令における規制6物質の含有量測定報告書のことを指す。

エクステンダー extender

印刷インキに混和して、色を薄めるために用いる補助剤。光沢型インキ用ではメジウムが使用され、艶消型インキ用でエクステンダーが使用される。エクステンダーはビヒクル体質顔料からなり半透明状である。

エコロージュ®

三菱樹脂製の植物資源などバイオマス由来のポリ乳酸を主原料としたプラスチックフィルム・シート。環境配慮型のフィルム・シートとして、包装材その他の用途で利用されている。

エッジ edge

画線やスキージのきわ。

エッジ効果 edge effect

印刷を行ったとき、エッジのインキ膜が厚くなったり濃度が濃くなる現象で、厚盛り印刷を行った際ベタ部分に発生しやすい。

エッチング etching

金属を酸で腐食させて削り取る加工方法。腐食させたくない部分にエッチングレジストインキを印刷しておくことにより、任意のパターンを形成できる。プリント回路板等の製造で使用される。

エビデンス evidence

ELV指令・RoHS指令などに対応する環境負荷物質の非含有分析データ報告書のこと。

エポキシインキ epoxy ink

ビヒクルにエポキシ樹脂を使用したインキ。主に二液反応型として使用するが、一液型もある。金属やガラスなどの材質に対する接着力が強い。屋外で使用するとチョーキング現象が発生する。 → エピライトインキ

エポキシ樹脂 epoxy resin(インキ原料)

エポキシ樹脂溶液で顔料を分散してインキ主剤をつくり、ポリアミド樹脂等を硬化剤とした2液反応型として使用する。2液型ポリウレタンと同じく、接着力と皮膜物性が優れている。金属、ガラス等への接着性は、2液型ポリウレタンより優れている。加えて添加剤(カップリング剤等)を併用すれば、接着性及び物性を更に向上することが出来る。欠点としては、印刷物を屋外暴露した時にチョーキング現象を起こして光沢が低下する事と、比較的硬いインキ皮膜をつくる事等である。ガラス、金属等の無機質素材及び熱硬化性プラスチック、エンジニアリングプラスチック材用のインキとして使用される。 → エピライトインキ → 材質と推薦インキ

エポポリ樹脂

エポキシポリエステル樹脂の略。金属製品用の粉体塗料として利用される。特徴は、1) 塗装作業性が良好で、耐候性を必要としない、あらゆる金属製品に塗装できる。2)接着性が優れ、機械的特性及び防錆力が優れている。

エマルジョン emulsion

乳濁液、乳剤。液体の小滴が、それを溶かさない他の液体中に分散した系をいう。感光乳剤水性インキ、捺染のりなどに使用される。

エラストマー elastomer

合成高分子材料で、ゴムのような弾性や屈曲性をもつもの。

エルジー

尾池工業(株)製メタリックパウダー。厚さ2ミクロン、大きさ20ミクロンの超微細な粉末。フィルムに金銀等金属を真空蒸着させた後、箔を剥離し細かく粉砕したもの。伝統工芸分野、自動車部品、家電製品、レザーへのコーティング、メタリック印刷分野など広範に使用されている。

エンジニアリングプラスチック(エンプラ) engineering plastic

エンジニアリングプラスチック(略称エンプラ)は、構造材や耐熱、耐じん性の高い材料、部品等に使用できるプラスチックで、引張強さがあり伸びもある程度大きく衝撃強さがあり荷重たわみ温度が100℃以上で、耐薬品、耐難燃、耐候性もすぐれているプラスチックをいう。またエンプラの中でも、汎用エンプラとスーパーエンプラ(特殊エンプラ)に分類されている。代表的な樹脂に、汎用エンプラでは、PA、POM、PC、PBT(PET)、変性PPEがあり、スクリーン印刷の対象素材としてよく使われる。スーパーエンプラには、PPS、PAR、PEI、PSF、PES、PEK、PEEK、PI、PAIなどがあるが、一般には印刷対象として使用されない。

エンボスインキ emboss ink

印刷した画線を隆起状態とするためのインキ。インキ皮膜が加熱により発泡するものや、UVインキの厚盛り印刷によるもの等がある。 → 擬似エッチング

エンボス加工

型押しなどの方法により、ものの表面に凹凸の模様をつける加工。

塩化ビニル樹脂 vinyl chloride resin

インキ用としては、塩化ビニルと酢酸ビニルの共重合樹脂が一般的である。両樹脂のモル比及び重合度によって、得られる樹脂の性質が異なる。塩化ビニルが多いと皮膜は強靭で耐薬品性が向上し、酢酸ビニルが増すと溶解性、可撓性、接着性などが向上する。重合度が高くなると皮膜強度が向上する半面、溶液粘度が高くなり印刷皮膜は薄くなる。これら樹脂は単独で又は他の樹脂を併用して、軟質塩ビ、塩ビステッカー、硬質塩ビ、易接着PETフィルムなどへのインキに用いられる。 → ビニールインキ → EXGインキ → 材質と推薦インキ[軟質ビニール [PVC]]

曳(えい)糸性 thread-forming

インキが糸を引く性質。曳糸性の強いインキは、レベリング性は良好だが、網点の再現性やヒゲの発生の点では劣る。 → ひげ(糸引き)

液晶カプセルインキ liquid crystal capsule ink

液晶の微少なカプセルを使ったスクリーンインキ。液晶は特殊な化学物質で、熱を加えると結晶構造が変化して色が変わる性質を持っている。液晶カプセルはカプセル化されない液晶に比べ、発色の繰り返し特性が優れ取り扱いも簡単である。このインキによる印刷物は、温度表示や工業用検査医学上の体温、その他の測定検査に利用される。尚、十条ケミカルでは現在このタイプのインキは扱っていない。 → マイクロカプセル

液晶ディスプレー Liquid Crystal Display

液晶パネルを利用したディスプレー。液晶パネルの裏にバックライトという蛍光灯と反射板をおいて照明する。このバックライトの調光板の印刷にスクリーン印刷が使用されている。 → プラズマ・ディスプレー

液晶ポリマー Liquid Crystal Polymer

液晶構造を発現する高分子の総称。液晶ポリマーの特徴はその剛直鎖の配向に起因し、一般に耐熱性、すぐれた強度特性、低熱膨張性および配向状態を得やすいことであり、これらの性質を利用して、高強度、高弾性率の繊維としての応用や、成形品として前述の特性を利用し電気、電子部品などに使用されている。スクリーン印刷の対象素材としての知見はあまりない。

演色性 color rendition

プロセスインキの一次色、二次色の発色範囲を示す性能。インキ用色料の顔料はカラーフィルムの染料に比べると演色性の範囲がせまい。 → ハーフトーンインキ

遠赤外線(遠赤) far-infrared ray

赤外線波長帯(760mm〜0.1cm)の中の約4µm〜0.1cmまでの電磁波。インキの加熱乾燥などに使用する。 → 近赤外線

鉛筆硬度、鉛筆引っ掻き値 hardness

インキ膜の硬さを、鉛筆の芯で引っ掻いて調べた数値。9Hが最も硬く、6Bは 最も柔らかく、硬いほうを上位とする。 9H、8H、7H、6H、5H、4H、3H、2H、H、F、HB、B、2B、3B、4B、5B、6B (JIS K 5400 8.4 鉛筆引っかき値)

MENU