十条ケミカル株式会社

さがす

  • 商品情報

接着 粘着 | インキ

JELCON B-8S バインダー

機能性インキ 『JELCON』
蒸発乾燥型

JELCON B-8S バインダーは、インサート成形、インモールド成形において成形樹脂と意匠フィルム(処理PET、アクリル)を接着させるためのインキです。

製品の特長

  1. 一液蒸発乾燥型のため、作業性が良好です。
  2. 特にABSへの接着力が優れています。
  3. 種々のモールド樹脂に対して、他のビニール系バインダーよりも汎用性が高いです。
特性
印刷作業性
高物性
接着性

推奨被印刷物

材質
ABS
PC
アクリル
後加工・二次加工
インサート成形
インモールド成形

使用方法

未希釈でも印刷可能な粘度に調整していますが、粘度が高い、又はインキの泡抜けが悪い場合には、PC溶剤(標準、遅乾、リターダー)又はテトロン溶剤(標準、遅乾、リターダー)にて希釈可能です。希釈溶剤の添加量の目安は、インキ100部に対して10~20部です。尚、過剰に希釈を行うとレベリング性が低下しますので、ご注意下さい。

刷版

200メッシュ以下の刷版をご使用下さい。

硬化方法

70~80℃で30~60分の乾燥を推奨します。

注意事項

  1. PC材へB-8Sバインダーを印刷するとインキ中の溶剤成分の影響により、クラックが発生することがありますので、ご注意下さい。
  2. 成形樹脂は、品種によりバインダーインキとの接着性が異なります。試験を十分に行ってバインダーインキを選定して下さい。
  3. インサート成形により作成する銘板の良否は、バインダーインキと意匠インキの選定、印刷条件、成形樹脂の選定、成形条件の設定等の様々な条件により総合的に決まります。従ってバインダーインキの性能だけで最終製品の性能を保証することは出来ません。試験を十分に行い、それぞれの条件設定を行って下さい。
  4. 意匠インキとして二液反応型インキを使用する場合は、意匠インキは指触乾燥の状態でバインダーインキを印刷し、その後完全乾燥させてください。意匠インキを完全乾燥させてバインダーインキを印刷すると、意匠インキとバインダーインキの接着性が低下することがあります。
  5. ご使用に際しては、製品の安全データシート(SDS)をご参照下さい。

* 当インフォメーションに記載されている内容は予告なしに変更、改訂する場合があります。

MENU