十条ケミカル株式会社

さがす

  • 商品情報

接着性向上 物性向上 硬化性促進 | 添加剤

JA-950 硬化剤

添加剤
二液反応型
蒸発乾燥型

2液反応型インキの硬化剤、蒸発乾燥型インキの接着性、塗膜物性向上剤です。
ポリイソシアネート樹脂・遅硬化・無黄変タイプ・耐候性良好で、日光により黄変することがありません。
ポットライフ(可使時間)は8時間以内(20℃)。
硬化が遅いタイプの硬化剤です。

製品の特長

  • 無黄変タイプの為、印刷物を屋外に出しても問題ありません。
  • JA-960よりも反応性が低く、可使時間が長くなります。
  • JA-960よりも可撓性、接着性の良い皮膜を形成します。
特性
可撓性
硬化性
接着性

スペック

入目・容器
100g 金属缶
1kg 金属缶(受注後生産品)
性状
粘液

使用方法

指定の希釈溶剤を加え、良く撹拌してから印刷します。

添加量 インキ100部に対して(部/%)
5~15(標準添加量 … 10)

硬化方法

標準硬化時間

25℃ … 5~7日
80℃ … 120分
100℃ … 60分
120℃ … 30分

反応硬化条件

可使時間
20℃ … 8時間以内
25℃ … 4~8時間

注意事項

  1. JA-960に比べて反応性が低い為、なるべく加熱硬化を行って下さい。
    この場合、硬化温度が高いほど皮膜物性は向上します。
  2. 短時間でインキを硬化させたい時は、硬化促進剤JA-E11をインキと硬化剤の混合物に対し1~2%加えて下さい。これにより硬化時間は、2/3~1/2に短縮出来ます。
    (ただし可使時間も短くなります)
  3. 使用条件については、各インキのインフォメーションを参照し、確認試験を行ってから決めて下さい。
  4. 可使時間を過ぎてもしばらくは、インキは流動性があり印刷する事が可能です。
    しかし、硬化皮膜の物性や光沢は低下していますので、使用は避けて下さい。
  5. 硬化剤は湿気により単独でも硬化します。開封後は、その日の内に使いきるようにして下さい。
    硬化剤の使用期限の目安は「製造後1年」とさせていただいていますが、これは未開封の場合です。
  6. バリエーションとして、高粘度タイプのJA-950H、柔軟性の良好なJA-940があります。
  7. ご使用に際しては、製品の安全データシート(SDS)をご参照下さい。

MENU