十条ケミカル株式会社

さがす

  • 商品情報

一般印刷 | インキ

100シリーズ スーパーグロス

蒸発乾燥型

スーパーグロスインキは、光沢の優れた蒸発乾燥型インキです。乾燥後は、耐アルコール性等の物性に優れた強靭な皮膜を形成します。

製品の特長

  • 作業性に優れ、レベリングのよい光沢面を形成します。
  • 接着力が優れています。
  • 耐候性が比較的良好です。
  • 耐油、耐アルコール、耐ガソリン、耐薬品性が優秀です。
  • 真空成形性が良好です。
  • 乾燥皮膜は強靭で、耐摩擦性が優れています。
特性
レベリング性
印刷作業性
強靭な皮膜
後加工性
接着性
低臭性
耐性
耐候性
耐摩擦性
耐アルコール性
耐ガソリン性
耐薬品性
耐油性

推奨被印刷物

材質
ABS
PVCステッカー
アクリル
アクリル板
コート紙
光沢紙
硬質PVC
後加工・二次加工
真空成形

仕上り・質感・見た目の効果

仕上り
グロス(光沢)

カラー・グレード

標準色 22色/EXO系 5色

標準色(一般色)
01白
02黄
03青黄
05金赤
08赤
16ピンク
17紅
25紫
28オレンジ
35浅葱
45濃藍
46藍
75グリーン
85群青
90黒
標準色(耐候色)
06金赤
13青黄
14黄
18紅
38赤
87群青

※の付いているカラーは特色です。

スペック

入目・容器
1kg 缶
耐候性
5~8級
各色の耐候性
付属品
艶消剤 … 1kg 缶

使用方法

インキをVAC溶剤(速乾、標準、遅乾)で希釈して印刷します。
乾燥を更に遅くする場合は、VACリターダーを使用して下さい。

希釈剤

VAC

刷版

種類
写真版
洗浄
ビニール洗用溶剤
推奨印刷膜厚

硬化方法

アクリル板

蒸発乾燥条件

指触乾燥
20℃
60℃
約15分
約3分
完全乾燥
20℃
60℃
約90分
約5分

試験データ(物性・耐候性・性能 など)

条件

アクリル板に 3回重ね刷り。印刷順序は 101白 → 190黒 → 101白 希釈溶剤は VAC標準溶剤。刷版は 270メッシュ テトロン版。 乾燥は、室温にて24時間以上放置。

結果

試験項目 試験の方法及び条件 結果
接着性 クロスカットセロテープ剥離試験 100/100 剥離なし
耐衝撃性 JIS K5400 8.3.2 デュポン式衝撃試験
φ1/2インチ、 500g、 50cm
塗膜の割れ、剥離なし
鉛筆硬度 JIS K5400 8.4 鉛筆引掻試験 2H
耐加熱性 JIS K5400 8.13 80℃ 24hr 塗膜の外観に変化なし
耐寒性 -40℃ 24hr 同上
耐水性 JIS K5400 8.19 30℃水中 24hr 同上
耐湿性 40℃ 湿度95% 16hr → 室温 8hr
を1サイクルとし、3サイクル行う
同上
温度耐久試験 MIL-STD-202D-106 (*1) を3サイクル実施後
クロスカットセロテープ剥離試験
塗膜の割れ、剥離なし
耐候性 サンシャインウェザメーター 500hr 塗膜の外観に変化なし
耐溶剤性 99%エタノールでラビング 100回 塗膜の剥離、溶解なし
レギュラーガソリンでラビング 50回 少し溶解する
耐洗剤性 ママレモン液[ライオン]でラビング 50回 塗膜の割れ、剥離なし
耐油脂性 ハンドクリーム [花王]でラビング 50回 同上
耐摩耗性 消しゴム[ライオン]で 100回摩擦 傷が付く、剥離なし

(*1) MIL-STD-202D-106(米軍規格)
65±5℃ 6hr → 常温 4hr → 65±5℃ 4hr → 常温 3hr → -20±5℃ 4hr → 常温 3hr →

  1. 記載の数値は試験値であり、保証値ではありません。
  2. 耐候(光)性は色により性能が異なります。特にスモーク色や淡色は、原色よりも性能が大幅に低下しますので、注意して下さい。

注意事項

  1. スーパーグロスは比較的硬い皮膜を作りますので、ビニールステッカー等に重ね刷りをすると、生地がカールする事があります。
    この様な場合には、柔軟性の良好な「3500シリーズ EXGインキ」をご使用下さい。
  2. スーパーグロスの溶剤組成は、スチロール、ASノリル等の材質の印刷には適しておりません。又接着性も良くありません。
  3. スーパーグロスは、比較的耐候性が良好なタイプのインキですが、長期の耐候性が要求される用途では「3500シリーズ EXGインキ(耐候色)」を使用して下さい。又「JELCON VSシリーズ UVカットクリアー」を併用することにより、耐候性を更に向上させることが出来ます。
  4. ご使用に際しては、製品の安全データシート(SDS)をご参照下さい。

MENU