十条ケミカル株式会社

NEWS

製品情報や展示会出展のお知らせなど、十条ケミカル本社・各事業所からのお知らせを定期的に更新いたします。

【06】台湾工場(十条國際油墨)がISO9001の認証更新

taiwan9001弊社台湾工場(十条国際油墨有限公司、JUJO INK CO.,LTD)は、2004年6月に品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001の認証を取得していますが、この度無事3回目の認証更新を行うことが出来ましたので、ご報告させていただきます。

【05】「カラーガイド(2013年版)」について

カラーガイド 表紙 この度弊社では最新の「カラーガイド(2013年版)」を作製致しました。
 新しいカラーガイドの表紙デザインは旧版と同じですが、配色を変更しました。 内容に関しては今回大幅に変更しています。標準色のカラーチップを大型化し、溶剤型インキとUV型インキの両方で作成していますので、使い勝手が向上したものと思います。

 この新しいカラーガイドの入手を希望されるお客様は、弊社営業部までお問い合わせ下さい。

【04】ISO14001認証更新のお知らせ

14000-214000-1 弊社は、2004年5月に全事業所・全部門において、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得しています。
 この度3度目の更新を行うことが出来ましたので、ご報告させていただきます。

【03】製品の受注生産への変更・廃番・廃止についてのお知らせ

 製品の統廃合が進む厳しい経済環境の中、弊社でも取引原料メーカーからの生産中止、統廃合並びに原料値上げの申し入れが続いております。これまでも各メーカーと交渉をしてまいりましたが、一部製品の継続的供給が困難である事が判明したため、ここに一部製品の廃番・廃止の連絡を申し上げる次第となりました。
 また、原料値上げを吸収する為、コスト削減等の対応を社内にて行って参りましたが、更なるコスト削減を行う為に需要と供給についての検討を重ねた結果、一部製品の色物(有彩色)を受注生産製品へ変更させて頂きます。受注生産品の出荷の目安は、受注後中3日で出荷となりますが、詳しくは弊社営業までお問い合わせ下さい。
 お知らせの内容に関しましてご質問、ご不明な点がありましたら、誠に恐縮ではありますが弊社営業にご一報頂ければ幸いに存じます。

 お客様には、ご迷惑をお掛けするとは存じますが、この様な状況をご理解賜ります様に何卒ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。


 

  • 変更実施時期  : 2013年 6月 1日
      
  1. 色物(白・黒・メジウム除く)が受注生産対象となる製品
    ・UV型インキ : レイキュアー4300シリーズ OPインキ
      
  2. シリーズ全色が受注生産対象となる製品
    ・UV型インキ : レイキュアー4400シリーズ TUインキ
      
  3. 一部の有彩色が廃止となる製品
    ・溶剤型インキ :
     900シリーズ テトロンインキ (有彩色)
     特製 3200シリーズ SIMインキ [ 金赤(HL)、青黄(HL)、黄(HL)、紫(HL)、グリーン(HL) ]
     9300シリーズ HIPETインキ HL色 [ BRIGHT RED(HL)、LEMON YELLOW(HL)、
            YELLOW(HL)、GERANIUM(HL)、VIOLET(HL)、ORANGE(HL)、GREEN(HL) ]
    ・UV型インキ :
     レイキュアー4600シリーズ UMインキ (有彩色)
     レイキュアー6100シリーズ SLインキ [ BRIGHT RED(HL)、LEMON YELLOW(HL)、
            YELLOW(HL)、GERANIUM(HL)、VIOLET(HL)、ORANGE(HL)、GREEN(HL) ]
  4. シリーズ全色が廃止対象となる製品
    ・300シリーズ Tセットインキ(現受注生産品)
     
  5. シリーズの一部が廃止対象となる製品
    ・JELCON IMDバインダーインキ (A-5、T-3)
     
    (4.と5.の製品については、過去実績で約6ヶ月分の原料を確保していますが、原料が無くなりしだい廃止させて頂きますので、ご了承下さい)

【02】東北3県の育英基金と開発途上国教育改善NPOへの寄附について

 弊社は、この度下記基金とNPOにそれぞれ100万円の寄附を行いました。

 東北3県への寄附金は、東日本大震災で親を亡くした孤児・遺児を支援するため、子供達が成人になるまで毎月給付金を支給し、生活や学業を支えます。突然の震災により親を亡くしてしまった子供達の悲しみは想像を超えていますが、夢や希望を持って生きていくことを支えたいと考えています。

 ROOM TO READは、開発途上国の教育改善のため、図書館や学校の建設、現地語本の出版、女子教育を行っています。特に女子への教育が高まると、将来母親になった時に子供へ適切な教育ができ、識字率や知識が向上し次世代の貧困を断ち切ることが出来ます。
 弊社は開発途上国でも積極的にビジネスを行っていますので、その地域の発展に少しでも貢献したいと考えています。

【01】「Convertech JAPAN 2013 / 先進印刷技術展2013」出展のご案内

Convertech JAPAN 2013 Convertech JAPAN 2013

 弊社は、Convertech JAPAN 2013 / 先進印刷技術展2013 に出展致します。 

  • 開催日程 : 2013年1月30日(水)〜 2月1日(金)の3日間
  • 場   所 : 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東1〜3ホール
  • ブ ー ス : 東3ホール C会場 3L-22
  • コンセプト : インキの彩能
  • 展示内容 : スクリーンインキによるプラスチック成型物の付加価値アップ、
            フィルム表面加飾、機能性インキを中心に展示を行います

 以上、意匠決定や印刷物によるご提案にお役立て出来ればと考えております。
 皆様のご来場心よりお待ち申し上げます。

【18】労働安全衛生法改正に伴う印刷インキ等のラベル表示内容の変更

 この度労働安全衛生法施行令等の一部改正が行われ、エチルベンゼン、コバルトの無機化合物、及びインジウム化合物が特定化学物質第2類物質に追加されました。弊社製品の中には、エチルベンゼン及びコバルトの無機化合物0.1%以上含有する製品がありますので、これら製品に関して2013年1月1日よりラベルへの名称表示が必要となっています。これらの表示変更は2012年12月より順次行っています。
NL  更に、改正に伴いコバルトの無機化合物が印刷インキ工業連合会制定のNL規制対象物質に追加されるため、ラベルに「コバルトの無機化合物」が表示される製品についてはNLマーク非表示とさせて頂きます。
 また、製品安全データシート(MSDS)につきましても、2012年3月に制定されたJIS Z 7253に基づく安全データシート(SDS)への改正を順次行っております。
 尚、今回のラベル表示の変更に際しまして、製品の性能には変化はございませんので、ご理解を賜ります様お願い申し上げます。

【17】JA-970硬化剤、FM硬化剤の粘度測定方法の変更について

 現在、弊社インキ用添加剤として販売しています「JA-970 硬化剤」、「FM硬化剤」に関して、ロット毎に行っている製品検査の粘度測定方法を変更させて頂くこととなりました。これに伴い、「製品検査成績表」に関しても、現在は「ガードナー粘度」としてアルファベット方式の記載となっておりますが、変更後はインキ製品と同様の回転式粘度計を使用した、粘度数値としての記載とさせて頂きます。
 尚、今回は粘度項目の測定・表示方法の変更であり、製品成分や実際の粘度に変更はありません。
 お客様には、一時的にご迷惑をお掛けするとは存じますが、ご理解を賜ります様に何卒ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。
 また内容に関しましてご質問、ご不明な点は誠に恐縮ではありますが、弊社営業までご一報戴ければ幸いに存じます。

記   
 

  • 変更実施時期 : 2012年11月1日以降発行分から
     
  • 対 象 製 品 : JA-970 硬化剤、FM 硬化剤
     
  • 変  更  点  : 現 在 ・・・ ガードナー粘度(N、等のアルファベット方式)
                        
                変更後 ・・・ 回転式粘度計による粘度(○○○mPa・s等の数値方式)

【16】日本触媒姫路工場の爆発事故による影響について

 2012年9月29日に株式会社日本触媒姫路製造所で発生しました工場爆発事故で被害に遭われました皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

  さて、今回の工場爆発事故に関して、弊社では一部原料に当該製品を使用している可能性があり、原料の調達と製品の安定供給に影響が出る恐れがあります。 そこで、事故発生直後より各原料メーカーに状況確認を行っておりますが、供給に関して本日現在で明確な回答はありません。
 但し、製品の供給に関しては、現在の弊社の原料在庫量を考慮すると、昨年実績で3ヶ月間の供給は問題ありません。
 弊社では情報収集に努めお客様に対する影響を極力少なく留めるべく全力で対応して参ります。
 また、状況の変化など判明次第、改めてご報告させて戴きます。

 尚、特製インキ等、不明な点が御座いましたら、弊社営業部までご連絡頂きます様お願い致します。 お得意様各位に対しまして、ご不便・ご迷惑をお掛けするとは思いますが、何卒窮状をご理解賜りますようお願い申し上げます。

続報

 2012年12月現在の状況を説明させて頂きます。
 現在、弊社取引先の各原料メーカーは、日本触媒製品以外の素原料を使用し生産を行っています。この為、関連する原料の調達については問題がなくなっています。 

【15】「名古屋プラスチック工業展2012」出展のご案内

 弊社は、2012年10月 2日(火) 〜 4日(木) に ポートメッセなごや第3展示館(名古屋市国際展示場)で開催される「名古屋プラスチック工業展2012」に出展致します。 (弊社ブース番号 : 3D-3) 

 今回弊社は、スクリーンインキによるインサート成形や熱成形を主体に展示し、プラスチック成形物の付加価値UPをご提案致します。 既に導入されている方も未だ検討中の方も、 是非お立ち寄り下さい。 新しい意匠表現を共に考えさせて頂きます。

MENU